シェアする

初心者必見!Lightroomで簡単に綺麗な青空の写真にするRAW現像方法

シェアする

スポンサーリンク

Lightroom CCで綺麗な青空に仕上げるRAW現像方法

皆さんも、天気が良い日に撮影した写真の空が、白っぽく映っていてがっかりした事がありませんか?

これは太陽の向きだったり、塵や埃が舞っていたりが原因で特に春先に多く経験があります。

この白っぽい空の色はLightroomでRAW現像をすることによって、簡単に綺麗な青空の写真にすることが可能です。

Adobe Lightroom CCなら最高の写真がどこででも作れます。プロの写真家や写真愛好家向けの今までなかった初の写真ソフトです。

使い方によっては諸刃の剣となってしまう事も

下の写真は無理に空を青くした結果、ノイズやトーンジャンプをおこしてしまった失敗例です。

拡大してみると、ノイズも酷くザラザラとしているのが良くわかり、折角の写真が台無しになっています。

この原因は無理な方法で空を青くしようとした為で、特に色温度や彩度など写真全体に影響を及ぼす方法で仕上げようとした結果です。

結果的に空を青くすれば草原の色もおかしくなり、草原の緑を修正しようとすればまた空の色がおかしくなるの繰り返しで収拾がつきません。

こうならない為にもやり過ぎない事が大事です。
先にも書きましたが、特に色温度や彩度はいじり過ぎない事です。

では、実際にやってみたいと思います。

青さが残っているが、鮮やかでない写真の現像方法

下の写真見てください。
撮影をした時はもっと鮮やかな青空でした。横からの太陽光の影響で空の青さがくすんでしまっています。
さっそく空の鮮やかさを蘇らせてみたいと思います。

段階フィルターがとっても優秀!

段階フィルターを使い空を青くしてみます。
まずは、下の赤い四角で囲った”段階フィルター”を選択し、補正を掛けたい部分(今回は空の部分)をクリック、ドラッグしながら選択範囲を広げます。

もうお分かりのように、マスクをかけた部分だけ補正が可能となり、他の部分には影響が及びません。
段階フィルターがとても優秀だと言われるのがお分かりいただけると思います。

選択の際、画面下部左側の「選択したマスクオーバーレイを表示」にチェックを入れます。

すると、補正の影響を受ける部分だけが赤く変わります。

段階フィルターは直線的に補正が掛かり、影響を与えたくない箇所までが選択されてしまいます。

部分的にマスクを消すには、下の画像のように、「ブラシ」>「消去」の順で進み、補正を掛けたくない部分をなぞってマスクを消していきます。

下の画像は空全体に補正を掛けたいので、大きく段階フィルターを掛け、両脇の丘の部分には影響を与えたく無いので、上記の方法で一部分のマスクを消去しました。

少し数値を変えるだけで劇的に良くなった!

では、フィルターを掛けた部分に補正を掛けてみます。
もともと青さがあった写真なので、大きく補正を掛けなくても劇的に良くなりました。

この場合、色温度を-8、露光量を+0.80、コントラストを+17、ハイライトを-8としました。

結果、下のような仕上がりになりました。
下の写真真ん中のスライダーを左右に動かしてみてください。
補正前、補正後が感覚的に見ることができます。
先にも書きましたが、もともと青さがあった写真なので、少の補正でここまで良くなりました。

まとめ

今回は、もともと青さが残る写真を補正してみましたので、複雑な補正も必要とせず割と簡単にできました。
ポイントとしては大きく補正を掛けると、ノイズやトーンジャンプを起こしてしまったりと画質の低下を招いてしまい良くないという事です。
全ての補正に言える事ですが、あまり補正を掛けすぎると写真の雰囲気も壊しかねません。
あくまでも程ほどにしておきましょう。

次回は空に殆ど青さが残っていない写真の補正方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする