シェアする

初心者必見!Lightroomで簡単に空の青さが蘇るRAW現像方法

シェアする

スポンサーリンク

青さが殆ど残らない写真に青空を蘇らせるRAW現像方法

前回は、やや青さが残る写真を鮮やかな青空にRAW現像してみました。

前回は下の写真のように補正しました。

真ん中のスラーダーを左右に動かして補正前、補正後がご覧になれます。

初心者必見!Lightroomで簡単に綺麗な青空の写真にするRAW現像方法
Lightroomで綺麗な青空に仕上げるRAW現像方法。天気が良い日に撮影した写真の空が白っぽく映っていてがっかりした事がありませんか?これは太陽の向きだったり塵や埃が舞っていたりが原因で特に春先に多く経験があります。この白っぽい空の色はLightroomでRAW現像をすることによって簡単に綺麗な青空の写真にすることが可能です。

では、今回は空に殆ど青色が残らない写真のRAW現像方法です。

下の写真に青空を蘇らせてみましょう。

撮影した時はモヤとした感じはありましたが、ここまで白っぽくはなかったです。

段階フィルターが凄く便利で優秀!

前回も書きましたが、段階フィルターとは補正したい部分のみ補正を掛ける事が出来る、とても優秀なLightroomの機能です。

さっそく段階フィルターを使っていきます。
下の赤い四角で囲った所が段階フィルターです。

これを選択し、段階フィルターを掛けたい空の部分をクリックし、下の方へドラッグしていきます。

この際に、画面下の左側に「選択したマスクオーバーレイを表示」というところにチェックを入れます。

チェックを入れると、補正の影響を受ける部分だけが赤く表示されます。

段階フィルターは直線的なので、補正を掛けたくない部分にまでマスクが掛かってしまう事があります。

一部のマスクを消去する方法

補正を掛けたくない部分を消去する方法です。
段階フィルターの調整パネルで「ブラシ」>「消去」の順で選択し、不要な部分をなぞって消去していきます。

実際に空を青くしてみよう!

補正を掛けたくない部分を消去したら、空を青くさせる工程に入ります。

「選択したマスクオーバーレイを表示」のチェックを外し、下の画像の赤四角で囲った部分をクリックし、「カラーパレット」を表示させます。

ここで、現像で目指したい青色を選びます。
スライダーを左右に動かす事により色調節も可能です。
この段階では、まだ鮮やかとはいえませんが、少し青空が戻ってきました。
ただ、これは選択した色に置き換えるツールではなく、透明感を持たせながら選択した色を表現する程度の補正になります。

各スライダーを調整して青空を取り戻す

ここからは写真を見ながら細かな調整をしていきます。
この写真では、色温度-13、露光量-0.50、コントラスト+10、ハイライト-13、彩度+10としていみました。

露光量を変えるだけでもかなりの変化があると思います。

全ての現像でいえる事ですが、やり過ぎない事です。
画像の劣化の原因にもなります。
当初はRAW現像では劣化は無いと思ってましたが、色飛びなどが発生してしまいます。

空の青さ蘇ってきた!

上記の調整をすることにより、かなり青空が戻りました。
下のスライダーを左右に動かして補正前、補正後の写真が見れます。

ただブログ用に縮小すると、これだけで解像度が低下してしまっているのが残念です。
縮小前の写真は色飛びもなく綺麗なんですが本当に残念。

オマケで更なる青空を求めて劣化ギリギリまで挑戦してみた!

上記の現像方法で自然に見えるギリギリの所まで現像してみました。

以下はTipsとして紹介してみます。

先ほど現像した下の写真ですが、右側が太陽光により薄い色になっているのがお分かりになると思います。

右から左へ、淡い色から濃い色へグラデーションになっていますね。

これを補正して真っ青な青空にしてみたいと思います。

円形フィルターを使用!使い方は段階フィルターとほぼ一緒

上記では「段階フィルター」を使いましたが、今回は「円形フィルター」を使用します。
円形フィルターは段階フィルターの右の丸です。

これをクリックし、調整したい箇所でドラッグし範囲を広げます。
これも「選択したマスクオーバーレイを表示」にチェックを入れる事により、補正箇所を確認することが可能となります。

今回は下の画像のように円形フィルターマスクをかけてみました。

HLS(色相、彩度、照度)でそれぞれの色を調整できる!

HLSとは、8系統ある色のぞれぞれに対して、個別に上から「色相」、「彩度」、「輝度」を調整する事ができるLightroomの機能です。
特定の色領域だけを別の色に変えてみたり、彩度で鮮やかさを変えてみたり、照度で明るさを調整したりできます。

ここでは円形フィルターで指定した青系統を「彩度」と「照度」のみ補正します。

便利な機能として、HLSパネルの左側にある丸い小さなボタンを押すことにより、補正したい色を写真から直接指定・補正することができます。
指定した色はマウスを上にドラッグすると+補正となり、下にドラッグすると-補正となります。

今回は色相は変えず、彩度のブルー+25、パープル+3
照度のブルー-12、パープル-1としてみました。

グラデーションを補正し真っ青な空が蘇った!

正直、これは作品としてかなり違和感があります。
あくまでも、Tipsとして紹介しています。

上記の円形フィルターを使用し、グラデーションを補正し真っ青な空に現像してみました。
下の写真のスライダーを左右に動かし、補正前・補正後が確認できます。

まとめ

今回は2回にわたって、空を青くする方法を紹介させていただきました。
前回も書きましたが、あまりやり過ぎると写真の劣化や違和感のある写真になってしまう事を留意しながら現像してみてください。
これらの方法は青空を表現する以外にも基本的な補正の手法として確立していますので、様々な面で使えると思います。
青空を表現する方法はまた違うやりかたもあるので、別な機会で紹介させていただきたいと思います。

あとは私自身の課題としてブログ用に縮小した写真でも、いかに劣化が少なくUPできるかを追及したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. みぽママ より:

    いつも拝見させていただいてます。
    今回もとても、わかりやすく初心者の私でもできました。
    ちなみにフルサイズを、お使いですか?

    • tanimana より:

      みぽママさんコメントありがとうございます。
      お役に立てたならとても嬉しく思います。
      カメラはフルサイズではないですよ。APS-Cサイズ機を使ってます。
      いつかはフルサイズ機がほしいですね!