シェアする

【ニセイカウシュッペ登山】山頂から見た大雪山は圧巻!アンギラスも撮影できた!

シェアする

スポンサーリンク

残雪のニセイカウシュッペで素晴らし景色を撮影してきたよ!

まだ雪が残る2016年6月中旬のニセイカウシュッペ。
春先の低温で雪解けが遅れ、例年よりも雪渓歩きが多い登山となりました。

登山口周辺には全く雪はありません。
この時点では恐怖の雪渓歩きを体験するとは夢にも思っていませんでした(笑)

登山台帳に記入し登山開始です!

天気も良く、新緑を楽しみながら歩みを進めていきます。
余談ですが、タケノコが群がるように生えていて、下山時に採って帰ろうと思っていたのですが、考える事はみな同じなんですね~
降りて来た時には跡形もなく採取されてました。

突然視界が開けた!青空と山頂を望む!

なだらかなな斜面を歩いていと、雪渓と出くわす。
序盤は短い雪渓でしたが途中からは、ほぼ雪渓歩き。
思ったより雪解けが進んでいないんだと実感しました。

突然視界が開け、青空と山頂を望む事ができました!
気持ちの良い青空で足取りも軽やかです!

ゼブラ柄が印象的!大雪の山々を撮影。

望遠で黒岳周辺を撮影してみました。
春先特有の白ぽっさがありますが、思わず見とれてしまう程の絶景でした。

ここで休憩をとり存分に景色を堪能しました。

小槍からは夏山気分で稜線歩きを楽しむ!その後、恐怖の雪渓歩きを体験

小槍が見えた頃には、ほぼ夏山登山でした。
風もなく、ポカポカ日和で心地よい汗をかいていたのですが、冷や汗に変わる箇所が!

急斜面に長く続く雪渓歩きに出くわした!

ここからは写真を撮る余裕はありませんでした。
少しでも足を踏み外したモンなら数百メートルある急斜面を滑落してしまいます。
ここで引き返そうかと本気で考えましたが、時間かけてでも登ろうと決心!

文字通り、一歩一歩を確かめながら慎重に歩みを進めていきます。
本当に撮影する余裕はありません。

両手に持ったポールでバランスを取りながら歩きますが、ポールが無ければ恐らくは無理でした。

時間が掛りましたが、なんとか大槍の下まで到着できました。

アンギラスも見れた!

大槍からは楽なモンでした。

鼻歌交じりで歩みを進めます。

そしてアンギラスも見れた!

今回で三回目のニセイカウシュッペ登山ですが、ここまでハッキリとアンギラスを見る事が出来たのは初めてです!

浮かれてアンギラスまで歩こうかと思いましたが、更に恐ろしい雪渓に出くわし断念。

一気に山頂まで登頂!大雪の山々が美しかった!

アンギラスは諦め、一気に山頂まで登りました。

山頂から望む大雪の山々は感動的な景色!
暫く見惚れてしまいした。

誰もいない山頂で撮影を楽しんだあと、昼食を食べます。
が、ヤマメシを撮り忘れる始末・・・

大槍を眺めながらメシを食っていると段々と雲が湧き、あっという間に曇天となりました。

登山をやっていればこんなことはザラにあるので、驚きはしませんでしたが・・・

今回の登山を振り返って

思わぬ雪渓に出くわし、怯んだ登山でした。
ただ、その雪渓を超えた先のアンギラスはとても素晴らしく歩き続けた甲斐がありました。

下山時にはすっかり雲に覆われ、良い時間に登頂できたのも本当に良かったです。
次回登るときは雪渓上等で登りたいと思います(笑)

コース概要

08:55 登山口 – 09:40 展望台  – 11:32 ニセイカウシュッペ山頂( 1時間休憩)→ 12:31下山開始 - 13:12 展望台 – 14:11 登山口
所要時間5時間16分