シェアする

旭川近郊の「鬼斗牛山」(キトウシヤマ)を春山登山気分で登ってきた!

シェアする

スポンサーリンク

天気の良い休日に鷹栖町の鬼斗牛山を登ってきた!

あまりにも天気がよい休日でした。

しかも気温は6℃。

決して暖かいとは言えないが、北海道民からしたらこの時期の6℃はとてもホットです(笑)

この天気に誘われるように鬼斗牛山へ登ってきました。

昼過ぎからでも気軽に登れる低山「鬼斗牛山」

昼食を食べてから向かいました。
この鬼斗牛山は昼過ぎからでも気軽に登れる低山で標高は379.3m。
毎年この時期に足慣らしで来ています。

登山口には私の車が一台だけ。
鬼斗牛山を独り占めです(笑)
あ、今回の写真は全てJPEG撮って出し写真です。

早速登山開始です。
決して山をナメている訳ではないのですが、装備は携帯電話と500ccペットボトルのお茶一本のみ。

低山で、遭難の可能性が極めて低く感じても、初めて登る場合はしっかりとした装備で登りましょう。

途中の白樺林。

この景色がとても好きです。

JPEG撮って出しでゴーストも凄いです。

毎回、後継者の森の看板からタイム測定

この後継者の森看板からいつもタイム測定です。

何年もこの山を登ってますが、未だに後継者の森の詳細を知りません。

踏みあとも明瞭でツボ足でOKです。

登山道は数か所ある!

ピンクテープで誘導される登山道は数か所あります。

写真は「急坂コース」

ですが、更に林道を進み、尾根コースを目指します。

うっかりすると見落とすピンクリボン

冬期間は踏み跡を辿ればOKですが、夏場はウッカリと見落としてしまいがちです。

下の写真でピンクリボンと矢印があるのですがわかりますか?

尾根コースを歩き数分で尾根に出ます。

尾根歩きといっても木々に阻まれて、展望は良くありません。

約30分で山頂です。

はい、あっと言う間です。

全路ツボ足でOKでした。

山頂からの展望は高度感もあって素晴らしい光景が見られる!

30分程で登頂できる鬼斗牛山!

その山頂は高度感もあり、意外な絶景を見る事ができます。

分かりづらいですが、旭岳とニセイカウシュッペ方面を望む。

JPEG撮って出しでも画像の劣化が確認できるところを見ると、やはり縮小という過程が良くないようですね。

劣化をいかに防ぐかは今後の課題になりますね。

融雪剤もまかれコントラストがすばらしい!

山頂に設置されている登山記録簿に記録!

鬼斗牛山の山頂付近にはアンドロイドのキャラクターをぶっ潰したような謎のオブジェがあります。

そのキャラクターのお腹にはなんと登山記録簿が!
思いの丈を綴ってやります。

あ、鹿と思われる足跡もしこたまありました。

最後はパノラマで。

この画像は拡大できます。

最後に

雪が解けた鬼斗牛山も勿論登ります!
というか、この時期は毎週登ってるかも(笑)
今回は山頂までを2往復しました。足慣らしなので。
3往復目は流石に飽きるのでやめました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする