シェアする

紋別の海岸に打ち上げられた流氷

シェアする

スポンサーリンク

流氷の欠片が散りばめられた海岸

紋別の流氷岬周辺の砂浜には流氷の欠片が辺り一面に散りばめられていました。
砂を被った流氷や光を反射する流氷など様々。
北海道のオホーツク海でしかみられない真冬の風物詩です。
撮影をするすぐ近くでは海の妖精とも言われる”クリオネ”を採取する方もいました。
北海道に住んでいながらクリオネがこんな間近で採れるとは知りませんでした。


年々、少なくなっていく流氷。
最近では見られなくなったそうですが、過去には当たり前のように家一軒分はあろうかと思われ流氷が真夏まで解けずに鎮座していたそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする