シェアする

麓郷の森で有名な一本の木を撮影!日が沈む富良野は絶景だった!

シェアする

スポンサーリンク

ドラマ「北の国から」で有名になった一本の木

今回はドラマ「北の国から」のロケ現場となった麓郷地区にある林道と、その一本の木を撮影してきました。
場所は「ふらのジャム園・アンパンマンショップ」や「麓郷展望台」の近くです。
ここは冬季は除雪がされてなく、スノーシューを装備していなければいけない場所で、夏場でも車での通行が規制されることもあるので注意です。

4月に入ってからの陽気で雪解けも進み、一本の木のある林道は除雪されていました。
なお、車は進入禁止なのでジャム園に駐車して歩きます。

少し歩くと、林道脇に「北の国から’92 五郎が熊に出会った所」の案内板がみえてきました。

林道出口に佇む一本の木を撮影!

雪が少々汚れているのが少々残念ですが、林道出口に一本の木が見えてきました。
美瑛の「赤羽の丘」もそうですが、こういった構図は大好きです。

【美瑛撮影スポット】ポプラの木が印象的な「赤羽の丘」
ガイドブックにも載っていないマイナーだが美しい撮影スポット 赤羽の丘は特に展望が良いわけではないのですが、畑の農道脇の稜線に立つ数本の...

しゃがみ込み思い切りローアングルから10mmレレンズで撮影してみました。
雪が解けて緑が豊かになったころまた来てみたいです。

林道を抜け、畑に佇む一本の木を撮影です。
撮影時に植樹されたのか、ロープかワイヤーなんかで固定されてるんですね。
雪が解けたころ、違う構図で撮影してみたい場所です。

林道の下り道を歩くと林から眩しい光が射していました。
5時近くでこの日の高さですから、すっかりと日が長くなりましたね~
新緑の季節に撮影するのが楽しみな場所となりました。

夕日が沈むの富良野の丘を色々と撮影してきたよ

だんだん薄暗くなり始めた頃、良さそうな場所を偶然見つけました。
十勝岳連邦の端に位置する前富良野岳~富良野岳~トウヤウスベ山が一望できる場所。山が夕日に染まるアーベントロートを撮りたかったのですが、残念ながらきれいに染まりません。
なかなか思うようにはいかないもんですね。

丘陵地に日が沈む光景

富良野も美瑛に負けないぐらい美しい場所がたくさんあります。
うっすらと雲が出てきましたが、仕方がありません。
光が畑を照らし、何とも言えない光景が見れました。

ポプラの木が並ぶ光景

この近辺には本当に多くのポプラの木がありました。
丘陵地にポプラが並ぶ光景は本当に好きです。
もう少しフワーッと光が射してほしかったのですが、少々遅すぎました。

日没間際のマジックアワーで撮影

車で周辺をウロウロしているとき、マジックアワーが訪れました!
小高い丘の上から山影に太陽が落ちる瞬間でした。
ギリギリで雲が切れ、辺り一面はオレンジの光で包まれた!
空の青さとオレンジのグラデーションが印象的。

振り返ると十勝岳もオレンジに染まっているが、残念ながら構図も悪く良い写真は撮れず。

撮影を振り返って

今回は行き当たりばったりの撮影で、十勝岳が夕日に染まる良い光景を逃してしまったのがとても心残りでした。
富良野での撮影は、まだまだ経験が足りず、撮影スポットもまだまだ知らないところがたくさん。
雪が解けて新緑の芽生えたころ、下準備を整えて撮影に来たいと思います。