シェアする

新緑が鮮やかな美瑛の丘!雪解けの美瑛の丘を撮影してきたよ

シェアする

スポンサーリンク

早春の美瑛の丘を一眼レフカメラで撮影してきたよ

融雪剤を撒いている畑と撒いていない畑では明らかに雪解けの速度に違いがあります。

「もう一つのマイルドセブンの丘」にはまだ融雪剤は撒かれておらず、まだまだ綺麗な雪景色が見られました。

最近の陽気で雪解けも一気に進み、4/4現在で旭川市の積雪は0となりました。

美瑛の丘の景色も刻一刻と変化をみせています。

恐らく、週末辺りには殆どの丘で畑が顔を覗かせているかもしれませんね。

下の写真は16:00頃撮影です。

日が高くなってきたのがよくわかりますね。

少し移動してマイルドセブンの丘です。

道路側の畑は雪解けが進み、畑が見えてきました。

相変わらず超広角レンズで撮影するとゴーストが凄いです。

そのゴーストを楽に消す方法を知りました。

次回の撮影時に実践してみたいと思います。

雪解けの丘に鮮やか新緑を見つけた!

マイルドセブンの丘近くで撮影してみました。

長く寒い冬を乗り越え、畑の新緑が太陽を浴びて輝いているようでした。

これからの時期は新緑の曲線美を撮影するのがとても楽しみな時期でもあります。

それと同時に働くトラクターも撮影してみたいですね~

畑の曲線を撮影するときは望遠レンズで圧縮効果を狙った撮影が断然オススメです。

カーブが手前に入る構図や、S字になる構図を探して撮りたいですね。

赤羽の丘の丘も一気に雪解けが進んでいました

その後、ちょっと移動して赤羽を丘に寄ってみました。

いつもの林道から見たポプラの木は超広角の10mmで撮影。

ここから見た景色は超広角レンズ一択です。

前回と違って林道の雪も解けて地面が見えてきました。

ですが、今時期はちょっとした川の流れとなっています。

泥だらけ必至です。

長靴が無いとすんごい事になりますよ~

あと数週間かかりますが、木々から芽吹く緑が楽しみです。

廃屋と一本の木を望遠レンズで撮影してみた

いつも10mmの超広角レンズで撮影していた「廃屋と一本の木」ですが、超広角だと丘に立つ「一本の木」の印象がとても薄いと感じていたので望遠で撮影してみました。

やはり圧縮効果がでて、一本の木の印象も増しました。

緑が芽生え始めるこれからの時期が楽しみな撮影場所です。

三本の木を撮影するなら夕方がオススメ!

「三本の木」、または「家族の木」は断然影が伸びる夕方の撮影が好きです。

ここも10mmレンズで撮影しましたが、ゴーストが気になります。

次回は、ここでもゴースト除去撮影法で撮影してみたいと思います。

クリスマスツリーの木と夕日

久々にクリスマスツリーの木に寄ってみました。

相変わらずの人気で今回も観光バスが来ていました。

丁度、良い角度に日も傾き撮影してみましたが、雲の流れが速く思うような構図になりません。

暫く粘りましたが、なかなかピカーっとならず雲がドンドン発達し太陽も見えなくなってしまいました。

撮影を振り返って・・・

今回の撮影も早足での撮影となりましたが、新緑が芽生え始め望遠で撮るのが楽しい季節となりつつあります。
恐らく、来週には殆どの雪も解け、春の雰囲気の美瑛の丘だと思います。
本格的な写真の時期を前にもう少し自分の撮影のクセを見直してみたいと思います。
APS-Cサイズ機で出来るだけダイナミックな風景写真を撮るには?を忘れずに撮影に挑みたいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする