シェアする

融雪剤が撒かれ見事な曲線美の美瑛の丘を撮影してきた!早春ならではの美瑛の風景

シェアする

スポンサーリンク

僅かな期間しか見られない早春の美瑛ならではの景色!

長かった冬も終わり、美瑛の丘にもようやく春の訪れです。
今年の冬は本当に長く感じました。
なんせ11月上旬からの根雪ですからね。
例年は12月に入ってからの根雪宣言が多いのですが、10月の末から降った雪がそのまま根雪となってしまったのです。
ま、そのお陰で雪の美瑛を長く満喫出来たのも事実ですが(笑)
その長かった冬の終わりを告げる融雪剤撒きの作業が美瑛の丘にはじまりました。

毎日変わる美瑛の丘から目が離せない!

この時期は毎日景色が変わっていきます。
融雪剤が撒かれたばかりの畑もあれば、既に雪が溶けかけて土が見えかけてる畑など様々。
ホントこの時期は毎日でも美瑛に通いたいくらいです。
あと1~2週間でこの見事なコントラストの景色も終わってしまいます。
今しか見れない貴重な光景ですのでお早めに!

今回の撮影を振り返って

今回の撮影は天気に恵まれず、曇天での撮影でした。
この時期は天候が比較的安定しやすいのでまた次の機会に期待ですね。
上の写真ですが、新栄の丘から望遠で撮影しました。
この時期、晴天の赤い屋根の家と曲線美は本当に素晴らしの一言です。
次の休みは絶対に晴れて欲しい!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする