シェアする

神秘的な美しさ!ブルーに染まった美瑛の丘を一眼レフカメラで撮影してきた!

シェアする

スポンサーリンク

陽が沈むの美瑛の丘は凛とした空気に包まれていました!

夕方近く、少し時間があったので美瑛の丘を撮影してきました。
今回、滞在時間も短めで写真は少な目ですが、青く染まった美瑛の丘を見ることが出来ました。
最初に向かった先はクリスマスツリーの木。
平日でしたが、5~6人のカメラマンがいましたね。流石は人気の撮影スポットです。

下の写真はクリスマスツリーの木のすぐ側ですが、丁度良いタイミングの日の傾きでした。
美瑛の丘の滑らかな曲線がとても印象的でした。

青に包まれたクリスマスツリーの木に柔らかな光の輪が!

クリスマスツリーの木も青く染まっていました。
ですが、手前側には踏み荒らされた跡が無残にも残っています・・・
これを構図から外すには少々苦労しました。
本当は太陽とクリスマスツリーの木が重なる写真を撮りたかったのですが、どうしても踏跡が構図に入ってしまう。
仕方がないので、少々ずれて撮影をしましたが、これで良しとしました。

新栄の丘はまるで異世界!輝く太陽と青い影を撮影!

ここまで条件の良い日はあまりないと思い、すぐ近くの新栄の丘へすっ飛んでいきました。
大正解でした。
本当に僅かな時間でしたが、とても良い光景が見れました。

青い空と影、そして夕日が輝く世界はまるで異世界!
非現実の世界を短い時間でしたが、その世界に入り込むことが出来た感覚です。

気が付けば周囲は大勢のカメラマンの姿がありました。
振り返れば朱に染まる十勝連峰の山々の姿が!
思わずシャッターを切るが、メモリーカードフルの表示が・・・
膝から崩れ落ちそうになりました。

まとめ

今回は短時間ですが、良い光景を見れて本当にラッキーでした。
反省点として、初めてメモリーカードをフルになるまで撮っていたこと。
32Gのメモリーカードですが、残数を意識しながら撮らないと痛い目にあいますね。
同じ被写体でも何枚も何枚も撮影し、その中から良い写真を選ぶという数撃ちゃ当たるスタイルになっているのを改めて自覚しました。
なかなか一発で良い写真を撮るのも難しいとは思いますが、これからコツコツと意識しながら撮ってきたいと思います。