シェアする

RAWも容量無制限で保存できるAmazonプライムフォトが凄い!

シェアする

スポンサーリンク

容量を気にすることなくRAWをバックアップできるプライムフォト

日本でも容量無制限のプライムフォトサービスが始まって暫く経ちますが、不具合なども大分改善され、かなり快適に利用できるようになってきましたね。

プライムフォトとは、Amazonが提供するクラウドドライブサービスで、Amazonプライム会員になれば利用できるサービスの事。
googleにも容量無制限のGoogle Photoがありますが、RAWに対応しておらず、1600万画素以上の画像は勝手にリサイズ・最適化してしまう点があります。

このサービスを使うにはAmazonプライム会員になるのが条件で年間3900円で利用できます。
プライムフォト以外にも、映画やドラマが見られるAmazonビデオや、音楽が聴けるAmazonミュージックなどがあり、2000円以下の商品も送料無料が無料になるサービスも受けられます。
とにかく、サービス内容が幅広くてプライム会員向けの割引もあり、先日はKindleFireタブレットを4000円オフでゲットしました。
これだけでも元がとれた感じです(笑)

私も利用して暫く立ちますので、その感想や使い勝手を書いてみたいと思います。

Amazon Drive Home の優れたセレクションでオンラインショッピング。

3社のRAWファイルに対応

2017年3月現在では、Nikon(NEFファイル)Canon(CR2ファイル)Sony(ARWファイル)をRAWとして保存できるようです。

あれ?私の機種が明記されてない!っと当初は思いましたが、上記の3ファイルであれば機種に関係なく保存が可能なようです。

さっそく、簡単に使い方を説明していきたいと思います

まずはアプリをダウンロードしてみよう!

アプリはプライムフォトの下のような画面からダウンロードが可能で、PC用とモバイル用があります。
アプリを使わなくても、ブラウザからも使えます。

PCでダウンロード&インストールします。
インストールが終わると、下の画像のようなアイコンが表示されてます。
ここから直接、同期済みのファイルにアクセスが可能となっています。

タスクバーの中にもアマゾンドライブのアイコンを置くこともできます。
ここからアップロードの状況が確認できますね。

写真をアップロードしてみよう

アプリを開いてみると、非常にシンプルなのが分かります。
使い方はとても簡単で、アップロードしたい写真ファイルやRAWをフォルダごと、まるっとドラッグしてやればOkです。

保存先を任意の場所に選び開始するだけです。
フォルダの階層も自由に作れるので、自分で分かりやすいようにフォルダを作成しましょう。

アップロードを開始すると、下のような画面になり進行状況がわかります。
お使いのネット環境や速度にも拠ると思いますが、一枚アップロードが完了するのに2~3分かかりました。
大量にアップロードする場合は数日間ずーっとアップロード中ということになりますが、PCを使う上で特に問題になるような事はありませんでした。
もしかしたらスペックの低いPCだと動作の遅延などがあるかもしれませんね。

アップロードした写真をブラウザで確認してみよう

ブラウザからもアップロードした写真を確認する事が可能です。
これも実にシンプルな画面です。
もう難しいことはありませんね。

アップロードした写真がしっかりとバックアップできました。

ここから直接写真を見たり、ダウンロードも可能です。

使用状況も一目で確認できます。
写真以外のファイルは10GBまでで、動画など容量の大きなファイルだと10GBは少ないかもしれません。

右の青い円が無制限の写真の保存状況です。
21925枚の写真と、240.9GB容量を使っている事がわかりますね。

プライムフォトの便利な使い方

2017年3月現在では自動でのアップロードに対応していません。
撮ってきた写真は全て手動で作業する必要があります。

ただLightroomで現像した写真やフォトショップで書き出す画像は保存先をAmazonドライブに設定する事で、自動的にプライムフォトにバックアップすることが可能となりました。

以前までは出来なかったようですが、Amazonドライブのローカルフォルダに写真を入れる事でもアップロードが出来るようになりましたね。
これはとても便利になりました。

それには同期させるフォルダを事前に設定しておく必要があります。
設定方法はアプリを開いて右上の「環境設定」から、同期ダブの中の「フォルダを選択」を押し、同期させたフォルダを選択します。

全部のフォルダと同期させても良いのですが、ローカル側(PC)にも保存される事になり、かなりの容量を消費してしまう事になりますので注意が必要です。

画質が本当に変わらないのかを確認してみた

信じてない訳ではないのですが、アップロードする前の写真とダウンロードした同じ写真で比較してみました。

サイズが同じことから劣化が無い事がわかりますね。
GooglePhotoだと、自動的に最適化されてしまいますが、大きな違いの一つでもあります。

便利なフォトプライムだけど注意も必要!

最後に、とても便利で優秀なフォトプライムですが、いっぺんに大量の写真をアップロードする際に、契約しているプロバイダの一日の最大アップロード容量を確認したほうが良いです。

プロバイダによっては上限を設定していない会社もあるかもしれませんが、大概は1日に30GBまでとかの上限があると思います。

その上限を超えてしまうと、なんらかのペナルティーが課せられる場合もあるようです。
それが毎日続くとペナルティーもより重いものになりかねません。

サービスが始まった頃と比較しても、かなり使い勝手が良くなってきているフォトプライムですが、GooglePhoto比べると、写真の検索機能が使いづらかったりします。
それらが改善されれば最強のクラウドサービスだと言っても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする